【AndroidStudio】エミュレータにWindowsのhostsを反映する

2月更新間に合わず少々凹んでますが一応元気です…!

さて今回は「windowsのhostsを反映してwebサイトにアクセスする方法と注意点(気づかず3時間ほど悩みました)」を書いていきます。

手順は4ステップです。

1.環境変数にパスを追加する
2.コマンドラインからエミュレータ起動
3.adbコマンドでhosts反映 ※注意点はここ
4.接続確認

1.環境変数にパスを追加する

Android studioで指定しているSDKのフォルダ内にある下記3つをパスに追加します。
※必ずemulatorを最初に指定してください(2でエミュレータが起動できません)
・emulator
・platform-tools
・tools

 

2.コマンドラインからエミュレータ起動

 

3.adbコマンドでhostsファイルを反映

ここでの注意点はhostsを追記する際の文字コードと改行コードです。
ここが3時間動かず悩んだポイントです。

adb pullしてきたファイルに追記する際は必ず「文字コードはUTF-8改行コードはLFになっているかを確認してください!

※私はadb pushで直接windowsのhostsファイルを指定し、文字コードがSJIS、改行コードがCRLFで反映されたことが原因で、hostsが参照されませんでした…。

 

4.接続確認

無事目的のページが表示できれば成功です!
DNSエラーが出ていたらうまくhostsが設定できていないので再度手順を確認してみてください。

 

ずっと全てがwindows環境(web serverも含む)だと改行コードや文字コードの違いへの意識が無くなってしまうのはよくないですね…と解決したときに抱いた感想です

ここまで読んでいただきありがとうございました。
コメントはご自由にどうぞ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。