【勉強会レポート】今後のキャリアを考えるきっかけになったDevelopersBoost参加してきました!

Under30をターゲットにしたDevelopersBoost、参加した感想を一言で述べると、「参加してよかった」の一言に尽きます。
理由としては、下記の2点です。

・U30向けのキャリア形成のセッションを聞くことで、将来のキャリアと今の自分を見直すきっかけとなった

・登壇者もU30のため、「こんなにも頑張って成果を出している同世代がいる」と思ったことでモチベーションに繋がった

特に1点目に関しては、このイベントだからこその特色がありました。 通常の勉強会やカンファレンスでキャリア形成についての話が出てきても、特にターゲットとなる世代はないので、一般的な話になってしまいがちですが、今回はU30をターゲットとしているからこそ、それにフォーカスした話が聞けました。
そんなお話を聞けたのは、参加したセッションだと2セッションありました。

・安野さん「U30エンジニアとしての技術投資戦略」

・山中さん「スーパーエンジニアではなくとも生きていくには」

今回はこの2セッションについて特にピンときた部分をそれぞれ書いていきます。



[U30エンジニアとしての技術投資戦略]

・予想した未来ベットする  

→20代が他の世代と勝負するには新規で立ち上がり、今後伸びていくであろうスキルに投資すべき


未来を予測して、新規で立ち上がってくる領域・スキルに投資すべきなのか、その背景についても詳しく話がありました。

20代は普通にしていたら勝負には勝てない。(下記の点から見ると)

・労働力より資本力が有利

・情報(経験によるものを含む)がある方が有利

・同じ繰り返しのため、信頼・スキルセットがある方が有利


一方、20代が持つ強みは

・リスクを取れる(家族を養う必要がある、生活水準が高くないため、収入が減るリスクが取れる)

・時間的なリソースがある(体力、時間)


そして、新規で伸びていく可能性のある分野は

・リスクがある(本当に伸びるかわからない)  

20代はリスクが取れる強みに対応

・上の世代でも経験を多く持つ人がいない  

時間的リソースがある強みに対応(いち早く経験が積め、結果が出せる)


ただ、当たり前ですが、闇雲に新しいことをするのはダメで、一貫性を持ってスキルを身につけることやどの分野でも必要となる基礎的なスキル(DBやアルゴリズムなど)必要があるともお話されていました。


また、未来予測を確実なものにするためには、

実際に新しいものを試してみることでその分野を知る

・周りと未来感を話すことで、自分の未来感を確認することが必要

であるそうです。
未来を予測し、どの未来を選ぶか、しっかり考えて、良き30代を迎えて行きたいですね。 ちなみに少し「未来を予測してベットする」とはズレますが、どの技術領域においても「実際に動かす」は非常に大切だなと改めて認識できました。



[好きなことをして生きていく]

本セッションで一番残ったのは以下の話です。

・今やっている仕事=将来の職務経歴書となる  

→次の目標(やりたいこと)に沿っているかどうか


これを見てハッとした人もいるかもしれません。私はなりました。 名古屋の某SIerに勤務していますが、都内の勉強会やカンファレンスに参加するたびに「このままでは東京でITの先端をいく人達から置いていかれる」「自分の将来が不安…」という焦燥感や不安はここから来ていたからです。


将来を見据えて、今の仕事とこれからやっていきたいこと・これから伸びてくる技術を考えたときに、平行線を辿る一方であることには気づいていました。
現職はC#(.NET)、JSはJQueryまでができれば良い、さらにテストは手動実施であることもあり、エクセル職人になりつつあるという状態です。
このような現職のスキルセットでは、今後いずれは行きたいと思う事業会社にいこうとすると確実に苦労します。


「また転職することになるのか…」という気持ちが邪魔をして動くことができませんでした。 でも、このセッションで今のままではダメだと強い意志を持つことができました。

ただ「転職」とすぐに決めつけるのは時期尚早です。
セッションでは「やりたいことと現在のギャップがあった場合」についても説明されていました。

・やりたいことができるかどうかは運次第(アサインされた案件、自分の上司)

・ギャップを埋めるためには「社内外に発信」すること

→繋がりができたり、やりたいことを認識してもらえる

「社内外に発信」してみて、それでもキャリアパスに沿った環境にならない場合は、 転職や異動を検討すべき

まず転職を考える前に、「社内外に発信」することを実践するからスタートなんですが、私の場合は昨年からやりたいこと(Kotlinで開発してみたい)を社内でアピールしてきていました。 それでも、それが叶う環境は現職にはなく、今後もその見込みがありませんでした。 (一方、社外からは有難いお誘いがあったり…。)
そのため、このセッションを聞いて、「自分の将来を考えて転職をすべきだ」という決意固めをするに至りました。


自分を見直すこと、そして今後を考えることができて本当によかったです。 ぜひ20代の方は来年以降参加してみることをオススメします! 特に技術トレンドが知りたい人、今のキャリアに迷っている人は特にぴったりのイベントだと思います。


ちなみにキャリアのお話以外だと以下のセッションに参加して来ました。Kotlinとサーバーレスを軸に選んで聞きました。

今回は長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 コメントはご自由にどうぞ〜

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。