【IT英語】「工数」を英語では表現すると何と言う?

本日は「工数」を英語で表現する場合です。

まだ見積もり段階で説明する際は「costがかかる(it takes cost)」で表現してしまうことが多いのですが、
今回はすでに案件が走っていて、見積もりには含まれていない作業をやってほしいと言われた際に
「その作業は工数がかかるためできません」と、「工数」という表現で伝えなればならないときに詰まったので調べました…(汗)

 

答えは…

man-hourもしくはperson-hour

です。意外とそのままの表現でしたね。

例文

It takes man-hour to handle this issue.
その問題を対応するには工数がかかります

 

「工数がかかるだろう」と推量のニュアンスを入れたい場合はwouldを使用して、
It would take man-hour to handle this issue.とすれば表現できます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。
コメントはご自由に記載いただけると幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。